【第3のビールを飲み比べてみる】2020年夏ー極麦プレミアム

こちらはタイ産の発泡酒という事で試しに飲んでみました。

泡立ちは豊富で色も綺麗な琥珀色です。

味の方はちょっと一昔前の日本の発泡酒かな?といった感じを受けました。

苦みばかりが際立ちやや水っぽくアルコールを飲んでいる感が強いです。

料理と一緒に食べると料理を淡泊な物でも全く殺さずにこちらの苦みで甘みが際立ちますがいまいち旨みまでは引き出せないようです。

単品で飲むとちょっと酒中毒の人とかが好きそうなアルコール風味が強い発泡酒だなと思います。

麦の香りは結構強く引き出せているのですが上手くトータルで旨みに繋げることが出来ないでいる様です。

キレはかなり良く麦の香りが直ぐ引いてアルコール臭さだけが口に残り鼻や胃からもアルコール臭さが上がってくるのでそこも上記のような感想になるのかもしれません。

もうちょっと努力賞のこの発泡酒ですがまた食べる料理などによっては感想などが変ってくるかもしれません。

私はどちらかというとアルコール臭さが目立つとあまり美味しいと感じないのでこの様な感想になっているかもしれません。

少しだけ麦芽のホップの豊潤な香りが鼻などから抜けていくことがあるのが少し救いです。

ただアルコール臭さで悪酔いする感じは強くまたこちらも改善されていけばまた買うかもしれません。

とにかくアルコールの刺激が強い発泡酒となりますので続けざまに飲むことは無いかと思いますがちょっと一時立った頃に麦芽とホップの香りが少し回るのは救いのような気はします。

プレミアムと記載されていますが残念ながらプレミアムには豊潤さなど到底及ばない発泡酒だと思います。

暑い最中に汗かいた中で飲めばまたイメージが違うかもしれませんがとりあえずちょっとアルコール臭さ大好きの酒中毒の方ターゲットの飲み物のような気がするのは少し残念な発泡酒となります。

醸造方法の工夫など今は日本の第3のビールは長期醸造やラガービールの熟成方法など盛んですのでそこを上手く取り入れてグレードアップして欲しいと思います。

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です